ホール 7 137 YARD PAR 3

目の前に大きく広がる池はプレッシャーだが、距離はさほどないので落ち着いて1オンしたい。ただ、傾斜がきつく、アンジュレーションも複雑なグリーンは油断禁物。